自分の城を作る

自宅の二階はずっと人に貸していたのですが、今年春にその住人が引っ越していった為、ついに自分の部屋を持つことができるようになりました。^^

前の住人がキッチン&ダイニングとして使っていた部屋を私の部屋に♪

退居するときは壁を白く塗りなおしていくのが基本なので、まずは自分の好きな色に変える事から始めました。
壁紙を張り替えようかなとも思ったのですが、基本的に『色塗り』が好きなので、ホームセンターでペンキを買うことに。
ドイツのホームセンターには何でもあって,家を建てる資材まで売ってます。
ペンキコーナーも充実していて、まず色を選ぶのが大変。

こんなカラーサンプルが壁にずらっと並んでいて、家に持ち帰ってじっくり検討することができます。

a0282833_17305634.jpg


そのカラーサンプルから自分の好きな色を選ぶと、その場でペンキを機械でミックスして渡してくれます。

で、私はこんなものを用意。

a0282833_17344938.jpg


壁デコレーション用のスタンプ。
これとペンキ4色を使ってこんな風にしてみました。

キッチンスペース。

a0282833_1737481.jpg


スタンプしたい部分の上下にまず水平にマスキングテープを貼るのですが、そこで必要なのがこれ。

a0282833_17392031.jpg


Wasserwaageといって、目盛に入っている液体の水泡が中央にくる事で水平・垂直を計る道具です。

a0282833_17424775.jpg


a0282833_17431192.jpg


水平に作ったスタンプスペースに、適当に(それなりに間隔やスタンプの向きは気にしますが、本当にテキトーに/笑)まず1色をぺたぺたし、乾いたら2色目を重ねていきました。

a0282833_1802149.jpg


机横の壁はこんな感じ。

a0282833_1813128.jpg


この壁の向こう側がリビングとして使われていた部屋。そっちは全部スタンプした薄い方の色、ライムグリーンで塗ってしまいました。

この机(散らかってるのはお見逃しを.../笑)は、オークションサイトeBayで5ユーロ50セントで落札したものです!
大きな机が欲しくて色々お店を見たのですが、私が欲しいサイズのものはなく、ネットでずっと探していたら発見したもの。ドイツでは中古の家具は普通にオークションや掲示板で取引されています♪
ブレーメンまで車で取りに行きました。

約160cm x 80cmもあって、まさに私が探していたサイズ!
非常に頑丈にできています。
下には引き出しがついていたのですが、重いし使わないので外してしまいました。
裏に銀行のシールが貼ってあったので、元々は銀行で使われていた机だった模様。
表面には汚れと傷が少し目立ったので、お色直ししました♪

家具用のこんなシートを用意。

a0282833_18144190.jpg


足を外してこのシートを貼り、足を付けなおしておしまい。
白い木目調のすてきな机に生まれ変わりました〜♪
満足、満足☆

このシートは色も模様も様々な種類があるので、ちょっとしたお色直しには便利な品です^^

明日は掲示板で見つけた棚を取りに行ってきます。




にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
にほんブログ村
[PR]
by flohticker | 2012-09-29 18:24 | DIY

ポーランド家庭料理

フェアデン(Verden)で、料理を通じての異文化交流を目的とした料理教室に参加してきました。

フォルクスホッホシューレ(市民大学。Volkshochschule: 略してVHS)のコース。
このフェアデンのVHSと、ニーダーザクセン州・田舎のお母さんの会(ニュアンス的にはこれが適訳かと/笑。正式にはドイツ語で Kreisverband der LandFrauenvereine im Kreis Verden e.V. といいます。)の共同イベントです。
昨日が初日で、11月まで毎月最終木曜日の夜、合計三回開催されます。

昨日のテーマは『ポーランド』でした。
フェアデンのVHS・ドイツ語コースを受講しているポーランド女性3人が自国の家庭料理を紹介してくれました。

メニューは

Gołąbki(ゴウォンプキ:ロールキャベツ)のトマトソースがけ
Żurek Śląski(ジュレック・スルォンスキ:酸味のあるスープ)
Pączki (ポンチュキ:ジャム入り揚げパン)

の三品。

参加者は10名だったので、3つのグループに別れて先生がそれぞれ指導という形になりました。
私はスープ担当。

二時間半くらい、ワイワイガヤガヤとみんなで料理...

a0282833_2014212.jpg


一人のポーランド女性は職業が調理人ということで、味付けチェックに忙しそうでした(笑)

そしてできあがりはこの通り。

a0282833_2042584.jpg


レモン汁と生クリームを最後にちょこっとだけ加えて、クリーミーだけども酸味のあるスープに仕上げます。おいしい!!
ゆで卵とパセリをかけて頂きます。

a0282833_2063887.jpg


ポーランド風ロールキャベツ。中身はひき肉とお米です。
トマトソースにはソーセージも入っていて、かなりしっかりした味付けですが、これが食べてみると意外と軽い、軽い(笑)

そしてデザートは揚げパン。

a0282833_20101156.jpg


ドイツでもベルリーナー(Berliner)と呼ばれているドーナツと同じものですが、
このポーランド版レシピでは、生地に小麦粉と茹でたじゃがいもをすりおろしたものを使っています。
揚げたてはカリッカリ・フワフワのモチモチで(笑)、夜9時半だというのに2個も食べてしまいました。(笑)

皆で食事した後は、皆で片付け・洗い物をして帰ります。
ロールキャベツと揚げパンは大量にできてしまったので、皆で持ち帰りました。

どれも美味しかったし、楽しい料理教室でした☆

来月のテーマは『台湾』!!!
アジア料理は心躍りますね〜〜♪

VHSでは春と秋と二学期あり、この料理教室も来年春にまた開催する予定だそうなので、私が日本の家庭料理を紹介しますよ!とアピールしてきました。
日本人は寿司を毎日食べてると思っているドイツ人が多いので、普段の食卓にあがる『家庭料理』を紹介できたらいいなと思います。



にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
にほんブログ村
[PR]
by flohticker | 2012-09-28 20:28 | 料理

インテリア雑誌

BO BEDREという、デンマークのインテリア雑誌が昔から大好きです。

a0282833_21373068.jpg


デンマークに住む前、日本で当時通っていたデンマーク語講座の教室の片隅に置いてあった、
この雑誌をペラペラめくっては、素敵なインテリアデザインの数々に想いを馳せていました(笑)

購読を申し込めばもちろんドイツでも毎月手に入るんですが、それでは楽しみが減ってしまう気がして、自分が仕事でデンマークはもちろん、スカンジナビア諸国に行ったときとか(例えばスウェーデン・ストックホルムの空港だと売ってるキオスクがあるのです。ヘルシンキの空港には置いてないんだけれど...)に買ってくるか、デンマークへ旅行に行く友人・知人に買ってきてもらったりしています。
誰かに買ってきてもらうときは、もちろん代金をお支払いしています。

BO BEDREを英語に直訳すると "live better"、日本語だと『より良い暮らし』。ドイツ語にすると "besser wohnen" すなわち "schöner wohnen" ...ドイツでポピュラーなこの雑誌のデンマーク版ですな。

a0282833_21553192.jpg


このSCHÖNER WOHNENにも、デンマークデザインがたくさん載っています。(この表紙のランプやイスは、デンマーク人デザイナーのもの)

この雑誌も参考にはしますが、ドイツで売ってるインテリア雑誌で私が一番好きなのは、こちら。

a0282833_2230100.jpg


WOHN IDEE (= idea) という名にふさわしく、『こんなものでこんなに可愛くできます』的な、DIY要素が強くてお気に入りです♪




にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
にほんブログ村
[PR]
by flohticker | 2012-09-27 22:11 | 好きなもの

思いつきパスタ

パスタが好きで、よく作ります。

今日のお昼も、最初はシンプルにトマトと玉ねぎだけでパスタにしようと思いましたが、
冷凍庫に七面鳥肉がたくさん入っているのを見て、半端に残っている一切れを追加。
肉を解凍している間、冷蔵庫にオリーブの瓶がまだ残っているのを発見。
これも入れちゃえ、と思ったものの、オリーブ入れるんなら肉じゃなくてエビの方が...でも肉はすでに解凍されてしまったので、そのまま肉入りで決行。(苦笑)

しかもニンニク切らしていて、仕方なくパウダー使いました...

去年ポルトガルのポルトへ行ったときに買ってきたもの。

a0282833_20464971.jpg


a0282833_20451098.jpg


とにかくお腹空いていたので(笑)、トマトも湯むきさえしていません。
やっぱりエビで作ったほうが美味しかったかなーーー。




にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
にほんブログ村
[PR]
by flohticker | 2012-09-27 20:51 | 料理

寒いです。
気温、12℃しかありません...!しかも雨模様でど〜んより...

朝晩は一桁まで冷え込むので、昨日ついに暖房解禁しましたよ。
暖房といっても、家は幸い暖炉があるので、そっちに火をいれました。
電気代節約...!

昨日は恒例、ブレーメンフリマ巡り。

オーブン料理が増えるこれからの季節に大活躍しそうなコレ。

a0282833_2111598.jpg


a0282833_211524.jpg


オランダ製。
"pyroflam"をネット検索すると、本来はガラスのフタが付いているようですが、私のは下の器だけ売られてました。
20cm x 20cm、深さも9,5cmもあるので、グラタンだけでなくて、これでケーキ焼いたり、ティラミス作っても良さそう。

それから数週間前に買ったSchönwaldと同じシリーズのティーポットとシュガーポットを見つけました〜!

a0282833_20571750.jpg


ヒビ、欠けなしのとっても良い状態♪

こうやってコレクションがどんどん増えていくんですね...(笑)




にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by flohticker | 2012-09-24 21:07 | 蚤の市

久しぶりに連休なので、きちんと料理。
...とはいっても、平日の夕食に凝ったものは出せないので、ちゃちゃっとできるもの。(苦笑)

a0282833_186508.jpg


ドイツでは七面鳥(Pute)肉が鶏肉よりも安値で買えるので、うちでは重宝しております。
火の通りも鶏肉より早いし^^

まず一口大に切った肉に軽く塩・コショウ。
肉を置いておく間に、バルサミコ酢、はちみつとマスタードを合わせておきます。
オリーブオイルをひいたフライパンで肉を色よく焼いたら、合わせておいたソースをからめてできあがり。
サラダにトッピングして、余ったソースもドレッシングとして回しかけます。

赤いお皿に乗っているのがマウルタッシェ。
シュバーベン地方(シュツットガルト周辺です)の郷土料理ですが、一般にドイツ全土で食べられています。
餃子のような、大きなラビオリのようなもので、家ではスーパーで売られているこんなのを買ってきて、

a0282833_1819374.jpg


一つを5つくらいに切ったものをフライパンで玉ねぎと一緒に炒め、溶き卵を回しかけて、卵に火が通るまで炒めておしまい。
マウルタッシェに味がしっかりついているので、特に調味はしません。
超・スピードクッキング!(笑)

昨日は主人が会社からチーズを貰ってきたので、庭で食べごろのぶどうと一緒に頂きました☆
チーズはEdamerとMaasdammerの2種類。Maasdammerの方が味が濃厚で気に入りました^^

ちなみに、チーズとぶどうを乗せているのは、ロイヤル・コペンハーゲン(Royal Copenhagen)のお皿です♪

a0282833_18353736.jpg


a0282833_18362191.jpg


Golden Summerというシリーズ。
その昔デンマークに住んでいたとき、機織りクラスを一緒にとっていた女性が、夕食にと自宅に招待してくれた時に使っていたのがこの食器。
彼女、このシリーズをフル・ディナーセット(!)で持っていて、ロイヤル・コペンハーゲンのディナーセットなんですごい〜〜〜...と感動したのを覚えています。

で、このお皿は後日自分がコペンハーゲンに行ったときに、本店の上階にある二級品売り場(笑)で買ってきたもの。
だって下で売られてる一級品なんてとても手が出ませんから...!
『二級品』と言っても、素人の目にはとても見えない小さな傷がついていたりするだけ。
それで本物のロイヤル・コペンハーゲンが手に入るんだからいいんです♪♪

2枚買って、手荷物で大事に抱えて持って帰ってきたっけな...懐かしいーーーー。



ご訪問ありがとうございます♪ ランキングに参加しています♪

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by flohticker | 2012-09-21 18:52 | 料理

前エントリーは土曜日の報告だけなので、日曜日の収穫も(笑)

いつもはブレーメン中央駅裏の、ÖVB-Arenaというメッセホール駐車場(一般的にビュルガーヴァイデ Bürgerweideと呼ばれています)でフリマが開催されているのですが、先週末までハンゼライフ(HanseLife)というメッセ期間だったため、
場所を市内東側にあるショッピングセンター、ハンザ・カリー(HANSA-CARRE)駐車場に移動して開催。

ちなみに、真冬は毎週ハンザ・カリーでの開催です。

そこで購入した、Thomas社のシュガーポット&クリーマー、カップ2客。

a0282833_19311381.jpg


70年代の品物。青緑色の模様とお花がカワイイ♪
ソーサーが不足していて残念!ですが、状態は大変良好です。

Winterlingの大皿、長方形。

a0282833_19453199.jpg


ガラス製でずっしりとしています。チロル風の絵柄が印象的♪
これも大変美品♪

それからこれは大収穫、Villeroy & Bochのアカプルコ(Acapulco)シリーズの大皿!!

a0282833_19493559.jpg


a0282833_19503167.jpg


絵柄に傷があったりしてだいぶ使用感ありますが、フリマで出会えることは珍しいので大満足です♪
直径30cm。

これから寒くて暗くなってくるとケーキを焼く機会が増えるので、ホールケーキをどーんと乗せるのに重宝します^^

同じく30cmのケーキ大皿を、別のフリマ会場でゲット。

a0282833_19583836.jpg


a0282833_19592291.jpg


Schumann Arzberg社のもの。皿に刻まれた模様とレトロなお花の組み合わせが可愛らしさ満点☆
超・美品!!

ケーキ繋がりで(笑)、こんな素敵なパウンドケーキ用のケースも見つけました。

a0282833_203198.jpg


a0282833_204278.jpg


これまた『おばあちゃんの品』、50年代〜60年代のものと推測。

26cmまでのケーキなら余裕で入る大きさ。
今までは長方形のお皿にラップかけていたのを、これからはこのケースに入れるだけでよいので楽チン!
パウンドケーキは焼くと朝食に食べたりするので、これも重宝します〜♪

ブレーメンで一通り巡ったあとは、ちょっと足を延ばしてデルメンホルスト(Delmenhorst)まで。

そこで出会ったのはこれ。

a0282833_20112798.jpg


a0282833_2012108.jpg


a0282833_2013239.jpg


Seltmann Weiden(ゼルトマン・ヴァイデン)の楕円形皿とボウル。
W.Germany−西ドイツ製とありますね。60年代〜70年代のものと推測。

使用感ほぼゼロの超・美品。
ポップなオレンジ色の模様がカワイイ♪
食卓が明るくなりそうですね〜。^^



ご訪問ありがとうございます♪ ランキングに参加しています♪

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by flohticker | 2012-09-20 20:24 | 蚤の市

先週土曜日は私の住む町で小さなフリマがあったので、チラッと行ってみました。

そこでこのカットグラスのシュガーポット&クリーマーセットに一目惚れ☆

a0282833_18344442.jpg


a0282833_18392470.jpg


販売していたのは71歳の女性。
彼女のおばあさんが所有していたものだそう。
その71歳の女性が『記憶にある』品ということで、少なくとも1940年代のもの、もしかしたらもっと古いものかもしれません。

クリーマーの底に1ミリくらいの小さな欠けが一つあるだけで、大変美品です☆
きっと大事に大事に使われていたのでしょう。

砂糖用に小さな銀のスプーンを添えたいところです。
...ターゲットが一つ増えました(笑)

この方、他にもやはりおばあさんの品で、なんと100年以上前の手織りのタオルも並べていました!
それこそとても丁寧に扱っていた品らしく、汚れやシミ、ほつれや穴などひとつもなく、また手触りもしっかりしていて、極上のアンティーク品。

無地のと赤いラインが入ったものがあって、ライン入りのがステキだな〜と思った矢先、一足先に別の女性に買われてしまいました...残念...



ご訪問ありがとうございます♪ ランキングに参加しています♪

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by flohticker | 2012-09-20 18:59 | 蚤の市

気温17℃と寒いくらいですが、快晴で気持ちのよい北ドイツ。
予報では雨だったんですけどね...外れてよかった^^

先日、ALDI(ディスカウントスーパー)で旬のいちじくが一個19セントと激安だったので、大人買いしました☆
そのまま食べるのも好きですが、サラダにするのも大好きです♪

a0282833_20442366.jpg


庭で育ちすぎている(汗)ルッコラ、レタスとマッシュルーム、ゆで卵にいちじくを散らし、はちみつレモンドレッシング。
いちじくの甘みとルッコラの苦みの組み合わせがたまりません♪

このドレッシングは超シンプルに

はちみつ
レモン
オリーブオイル

しか入れていませんが、オリーブオイルはギリシャ・クレタ島産の極上品を使っています。
このオリーブオイル、去年クレタ島に旅行した際に泊まったアパートメントのオーナーさんが、自分が経営している農場で採れた自家製を、なんと3リットルもプレゼントしてくれたものなのです♪
風味が素晴らしくて、火を通す物に使うにはもったいないので、サラダにはこのオイルをかけています。

写真奥に見えるのはキッシュ・ボロネーゼ。
冷凍庫の中で冷凍焼け寸前の合い挽き肉をレスキューするべく(汗)、冷蔵庫の残り野菜とオリーブを入れてボロネーゼにしたものを、冷凍パイシートに詰めて、卵液(卵と生クリーム)流して焼きました。

キッシュは簡単だし経済的だし、冷蔵庫の整理もできるので便利なレシピですね☆

そういえばクレタにいたのはちょうど去年の今頃。また行きたい〜〜〜。

a0282833_21152961.jpg





ご訪問ありがとうございます♪ ランキングに参加しています♪

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
にほんブログ村
[PR]
by flohticker | 2012-09-19 21:22 | 料理

久しぶりの休みなのに気温15℃+雨という、どんよりした天気で外出する気になれないため、
少し前にハスベアゲン(Hasbergen)で入手したとっておきをご紹介します。

a0282833_162264.jpg

a0282833_181093.jpg

a0282833_191136.jpg

a0282833_1102743.jpg


Rosenthal社のstudio-linie(スタジオライン)、Variationというシリーズです。
デザインはフィンランドのTapio Wirkkala。

studio-linieはローゼンタール社が1950年代後半から世界中の著名デザイナーを招待して創ったシリーズで、現在も"studio-line"と名前を変えて継続しています。

黒いソーサーは透けて見えるガラスで、Tapio Wirkkalaのデザインでシリーズ化されている"porcelaine noire"の印があります。
カップのすっきりしたラインと、お皿の幾何学模様の組み合わせがとっても印象的♪

これを販売していた女性、同じstudio-linieでやはりTapio Wirkkalaがデザインした、グレーの"Composition"シリーズをなんとディナーセットで持っているそうで、『購入に興味があるなら...』と電話番号をくれたのですよ。
とーーーーーーっても興味はあるんですけどね...悩みます...。



訪問ありがとうございます♪ランキングに参加しています♪

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by flohticker | 2012-09-15 01:32 | 蚤の市