剪定と植え替え

今日はお休み&天気も悪くないので、庭のお花たちの冬支度をしました。

気温一桁、手袋しても指先かじかんでしまうほど。

まずクレマチス達を剪定。
クレマチスの剪定は系統によって弱・中・強と別れるのですが、うちにあるのはほとんどが強剪定のものなので、地表近くまで一気に切りつめます。

お気に入りのオベリスク、初夏の様子。

a0282833_21553258.jpg


紫色のが『エトワール・バイオレット』というクレマチスです。
下のつるバラ『Eden Rose 85』(日本ではピエール・ド・ロンサールと呼ばれていますね)とのコンビがお気に入り。

これも今日の剪定でこのような姿に。

a0282833_2215037.jpg


ちなみにつるバラは伸び過ぎたなー、と思う枝以外は、秋の剪定では切り口が閉じない可能性があるので、全て春に剪定しています。

テラス脇のクレマチス達も剪定したあと、ユリを植え替えようと思って球根を掘り起こしたところ...

a0282833_2284769.jpg


どーーーーーん!と3倍くらいの大きさに肥大していてびっくりしてしまいました...
一番大きいもので直径12cm、重くて掘り起こすのも一苦労。

5年くらい前に『カサブランカだよ』と言われて買った球根だったのですが、
出てきたのはピンク色のカノコユリ...。
あの優雅なカサブランカを想像していた私としてはちょっとがっかり...
ま、可愛いからいいんですけどね!

毎年、2mくらいまで成長してたっっっくさんの花をつけます。
しかも花の時期は8月と、他のユリに比べて遅めなので嬉しいです♪

テラス脇からカーポート脇へと引っ越しです。

カノコユリ跡地には何を植えようかしら。
今度こそ『本物の』(笑)カサブランカも欲しいし、黄色のスカシユリも増やしたいし、
クレマチスも増やしたいし♪

お花たちは園芸屋さんや市場はもちろんのこと、オンラインでも時々買っています。
信頼しているのは
クレマチス専門 F.M. Weltphal
ハイビスカスの種類が豊富な Baumschule Horstmann

Thedinghausenにあるコチラには、よくバラを買いに行きます。



鳥の鳴き声がするので空を見上げると、渡り鳥の群れが綺麗にVの字を作って移動していました。
どこまで飛んで行くのかな。





にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by flohticker | 2012-10-26 22:42 | 庭仕事