おいしいジャーマンポテトの作り方

昨日無性に食べたかったジャーマンポテト。
今日の為に仕込んでおいたので、お昼ご飯になりました^^

ここでいう『仕込み』とは...


じゃがいもをきつめの塩で茹でて一晩置いておくこと


一晩おくことで、じゃがいものねっとり感が増して口当たりが良くなります。


実はおいしく作るための鉄則がありまして...

前の日に茹でたじゃがいもを使うこと。その際、塩は多めに。
炒め油も多め。
決してひっくり返しすぎてはいけない
調味はきつめがよろし



じゃがいもの下味がしっかりしていないと、味がぼやけてしまうんです。
そして、外側のカリカリ感が大事!なので、頻繁にひっくり返さないことが重要です。


昨日茹でておいたじゃがいも。

a0282833_20493459.jpg


フライパンに少し多いかな?くらいの油(バターが一番ですがマーガリンでもサラダ油でも何でもOK。)を引いて、熱している間にじゃがいもを5ミリくらいの厚さにスライス。
(私はボウルの上で空中切り?するのでまな板使いません)

じゃがいもをフライパンに投入したら、玉ねぎの皮をむいて、フライパンの上でそぎ切りしていきます。

a0282833_20581817.jpg


強めの中火で、時々フライパンをゆすりながら5分くらい炒めます。
ゆするだけで、まだひっくり返してはいけません。
私はこの間に片付けしたり、洗い物したり...。

様子見て、ここで一度ひっくり返します。

a0282833_2192049.jpg


塩、こしょう、パプリカパウダーで一度調味。

ベーコンビッツは入れなくてもいいのですが、今日は中途半端に余っているのがあったので、投入。

a0282833_2171534.jpg


そしてまた時々ゆすりながら数分間放置して、ひっくり返します。

ここで二回目の調味。

a0282833_2144994.jpg


さらに時々ゆすりながら数分間放置し、全体的にカリッと仕上がったらできあがり。

a0282833_21132084.jpg


a0282833_21151970.jpg


目玉焼きときゅうりのピクルスを添えて食べるのがポピュラーです。
が、ピクルス切らしてました...


黒パンの冷たい夕食とか、こういう『ザ・ドイツ飯!』は、なぜか時々ものすごく食べたくなるんですよね...
不思議。



にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by flohticker | 2012-10-17 21:30 | 料理